2017年2月9日

かつらおヴィレッジプロジェクトサポーター募集

 

〜かつらおベンチャーリゾートへのサポーター参加と寄付のお願い〜

 

 

 

私達は『かつらおベンチャーリゾート』を通じて、わが街ここ葛尾村を中心とした地域情報を取材・発信し、新しいコミュニティの形成および地域の活性化の活動を続けております。

『かつらおベンチャーリゾート』を継続して維持・発展させるためには、サーバー管理費やシステム開発費、取材経費などの運営資金が必要です。

 

 

 

『かつらおベンチャーリゾート』が提供する各サービスや事業は運営費用は現時点ではイベント開催費用については補助金を活用したり、基金などから寄付であり、日々の取材費や運営事務費については代表者個人資金の投入が大きな柱となっております。

 

 

魅力ある葛尾村づくりを続けるためのそれぞれの事業を継続性あるものとして実施するためには盤石な財政基盤の構築が必要であり、本団体では『被災限界集落をここにしかないエンターテインメントに!』をモットーに【かつらおヴィレッジプロジェクトサポーター基金】として関係各位の方々に広く資金を募り、ご支援を賜りたく存じます。
今後とも『かつらおベンチャーリゾート』を継続運営し地域を活性化するために、皆様からの寄付によるご支援が不可欠であります。

かつらおベンチャーリゾートの取組にご賛同いただきたく、お力添えをいただければ幸甚です。
皆様方からのご芳志をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

〜寄付金の使い道〜

寄付金は『かつらおベンチャーリゾート』が運営するSNSでの定期情報発信の取材経費やイベント開催に関わる費用、本拠地であり交流拠点となっている広谷地にある『FLICAZAILA(フリカザイラ)』の修繕・改修・設備増強費用、サーバー維持管理やシステム開発更新、取材経費などの運営資金として適宜、有効活用させていただきます。

*寄付金についてご不明な点があれば下記Q&Aをご参照ください。

 

 

 

〜寄付金の納付方法〜

団体・企業様 ・・・ 1口/10,000円以上 
個人 ・・・ 1口/5,000円以上

 

 

 

①銀行口座振込

銀行名:大東銀行(銀行コード 0514)
支店名:本店営業部(支店コード 030)
口座科目:普通口座
口座番号:3003000
口座名義:かつらおベンチャーリゾート 会長兼会計 髙橋 翔

 

 

 

②クレジットカード決済

AnyPay(こちらから情報を入力してVISA、MasterCardにて決済お願い致します)

 

 

③Paypal決済

下記ドロップダウンから寄付金額を選択した後、カートに追加ボタンをクリックしてPayPal支払ページでの決済をお願いいたします。

 

寄付金額







お申込みは何口でも可能です!

 

ご希望により『かつらおベンチャーリゾート』寄付金ページにご寄付下さった方の個人名(ネックネーム可)、または団体名を掲載いたします。

 

 

さらに

5,000円以上の寄付をして頂いた方には、
これまでの寄付金額に応じてポイントが貯まる
『かつらおベンチャーリゾートサポーターズカード』
をプレゼント致します。
1,000円以上の寄付ごとに1ポイント貯まり、50〜1000ポイント貯める事で、
累計ポイントに応じた葛尾村限定の非売品グッズを贈呈致します。。

 

 

10,000円以上の寄付をして頂いた方にはもれなく
『かつらおベンチャーリゾート本拠地 FLICAZAILA(フリカザイラ)』でご利用できる
『1泊2日1名様チケット(食事なし・交通費自己負担・発行日より6ヶ月以内有効)』
1枚プレゼント致します。

 

 

100,000円以上の寄付をして頂いた方にはもれなく
『かつらおベンチャーリゾート本拠地 FLICAZAILA(フリカザイラ)』でご利用できる『かつらおサポーター限定招待 おもてなし1泊2日1名様チケット(食事付・交通費自己負担・発行日より1年以内有効)』を1枚プレゼント致します。

 

 

1,000,000円以上の寄付をして頂いた方にはもれなく
『かつらおベンチャーリゾート本拠地 FLICAZAILA(フリカザイラ)』でご利用できる『かつらおブラックサポーター限定招待 豪華おもてなし2泊3日チケット2名様(食事付・交通費自己負担・発行日より1年以内有効)』を1枚プレゼント致します。

 

 

 

 

Q寄付金はなぜ必要?

A:かつらおベンチャーリゾートでは『新生かつらおヴィレッジプロジェクト』という企画の元、原発被災地として人の交流が遮断された現状から新しいカタチへと再生させる為の手段として、これまで葛尾村では存在していなかった『インターネットを活用しての村内情報の内外への発信』や『子どもやシニアが村内で交流できるイベントの企画運営』を行なっており、2017年より宿泊機能及び山間部被災地の体験ツアーとして『ダークネスツーリング(かつらお民泊)』や『ダークグランピング』を運営しています。

イベント参加された皆様や日々Facebookなどをご覧の皆様からも、イベントを定期的に開催して欲しい、葛尾村で毎日、今起きている事を知りたいなどをSNSで発信してくれるのは有難いと、ご要望を頂いており、可能な限り日々企画の精度を向上させる為に活動しております。

その為の維持・発展させるためには、サーバー管理費やシステム開発費、取材経費などの運営資金が必要です。
しかし、現在は葛尾村との委託や連携もしておらず、あくまで任意団体として活動しており、当然葛尾村の負担金などは無く、運営費用は団体代表者の個人資金が大きな柱となっております。

今後とも『かつらおベンチャーリゾート』を継続運営し地域を再生・活性化するために、皆様からの寄付によるご支援が不可欠であります。

 

 

 

 

Q:寄付金の使い道は?

A
近年のインターネットはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでの閲覧が主となり、若い世代が情報を得る手段として大きく流れが変わっております。

これまでFacebookやTwitter、Instagram、本ホームページで日々の葛尾村内の『SNS等WEB上での情報発信』と村内外の方々向けの『交流イベント』の継続性を維持・担保する為には、システム運営・管理費やイベント開催事業費がかかります。

これからの葛尾村を再生、進化させるべく、現在故郷を離れている村民の方や、これから来る村外の方々のニーズに応えていく事も必要であり、これらにかつらおベンチャーリゾートも対応すべく、安定した運営を心がけております。

寄付金は主にこれらの企画開発や事業運営に適切に利用させていただきます。